Column

コラム

お母さん、お母さんの夢ってなーに?

家族の団らん

わたしは世の女性たちを尊敬しています
だからこそ、それぞれに皆が輝くお手伝いがしたい
その気持ちは10代の頃から変わりません。

 

当時6歳の娘が、わたしに聞きました。
その時の娘は、もう自分の夢を叶えつつあるかのように具体的にそして雄弁に自身の夢をかたりあげ、最後にわたしにこう問いかけました。
「お母さん、お母さんののゆめって、なーに?」

 

当時のわたしは、専業主婦。
結婚して子供を産んでお母さんになったら、お母さんはお母さんであり、夢や目標なんて持つわけないじゃんよ!とちょっと怒った感じで考えてた記憶があります。
お母さんだって、夢を持ったっていいのに…。
なんて、答えればいいんだろ…。
胸がざわざわする…。
素通りできない、なんだろ、この感じ…
でも、何をすればいいのかも分からず…。

 

2014年
この年を境にわたしの人生は大きくガラガラと音を立てて変わります
美的収納考案者の草間雅子師との出会いが大きなきっかけです。
今思えば「どうせ私なんか病」の重症患者で、ひくつなわたしに先生はゆっくりと向き合い、家を片付けること、モノを通して自分の人生を見つめることを教えてくれました。
結果、人やモノへの依存や執着を解き放ち、わたしは自分の存在を好きになれました
感謝です

 

2020年
あれから6年が経ち、自分や子供達の節目、節目で色んな問題が起こり、悩みの重みを感じる日々ですが!
昔より今の試練の方がハードルは高いのに、乗り越えられる自分がいます。
自分の意思や考えを持てるようになったことが大きいと感じています。

 

そこが、わたしが会社を興した原点です。
私が提供するサービスによって、女性たちが自分らしく、笑顔で活躍できる社会づくりに貢献したい、そして未来の子供達の笑顔に繋げたいという思い。
それから、お母さんになった女性たちへ、自分を犠牲にしがちなお母さん。
でも家族の最高の笑顔は、お母さんの導くチカラが大きいと思います
お母さんが笑うと、その笑顔は周りも幸せにする
だからこそ【自分の人生】に向き合い、自分を大切にしてほしいと考えます。

 

家族の団らんでは、家の中のモノの仕組みを整え、散らからない家を作る【美的収納メソッド】と、分析学、統計学、行動心理から人の素性、性格、能力適性を解析し、人生の悩みや諸問題等を解決する【バイオリズム】を提供しています。
今よりも、もっと自分を好きになり、変わっていく自分を楽しみながら、自身の強みと自信に繋げてほしい!

 

これからの時代、もっとたくましく生きていける自分であってほしい!
いい時も悪い時も、受け止め楽しめる自分でありたい!
自分の気持ちひとつでなんでもできる!
これからの先の人生がますます輝くものになりますように!
皆さん、よろしくお願い申し上げます

 

 

#合同会社家族の団らん
#SMAPのオリジナルスマイルは私の原点
#世界中が幸せになれ
#美的収納
#美的収納メソッド
#美的収納プランナー
#バイオリズムを味方に

2021/01/14

copyright (c) kazokuno-danran all rights reserved.